経験をプラスにしましょう

就職活動や勉強、家事などを行っていない若い世代(15~34歳)に対して、「ニート」という表現が浸透してしばらく経ちます。
就職活動を行っていない理由は人それぞれですが、なかには働きたくても働けない深刻な事情を抱えている人もいます。高卒でニートになった人のなかには、新卒で就職を経験した人も少なくありません。しかし、いろいろな事情により仕事を辞め、その後就職活動や資格取得の勉強などの前向きな活動を行っていない人も多いようです。
仕事を辞める事情は人それぞれですが、高卒後初めて仕事に就く場合は、理想と現実とのギャップに悩まされることも少なくないようです。特に、アルバイトを禁止している高校を卒業した人は、仕事経験がまったくないまま社会人になります。その場合、直面する課題ひとつひとつが大きく感じてしまうようです。高卒で就職した人のなかには、そういう経験をした人もいるのではないでしょうか。
社会に出ていろいろと悩む人は、プレッシャーに弱いと誤解を受けてしまいがちなのが現実です。真面目な性格の人ほど、悩みが多くなっているようです。ニートになって、いちばん苦しんでいるのはほかでもない自分自身です。まわりの人は、そのことを理解したうえで、適度な距離を保ってサポートしていきましょう。
また、いま自分の進むべき方向で悩み苦しんでいる人は、将来必ずプラスになると信じて、希望を持っていきましょう。就職活動をするときは、短期のアルバイトから始めることも選択肢のひとつだと思います。そうした小さいことの積み重ねによって、少しずつ前進していくことが大切なのです。

Leave a Reply