高卒だってヒーローになれる

みなさんはご存じでしょうか。小さい頃、よくテーマパークやデパートの屋上などで目にしたヒーローショーで、子どもたちを襲う敵に力強いパンチやキックを食らわせ、とにかくかっこいい色鮮やかなヒーロー戦士の正体は、実は「高卒」なのであると。
「ヒーローショー」と聞くと誰でも、面白そう、楽しそう、一度やってみたいと興味を抱くと思います。しかし、実際やってみると長続きしないのが現状のようです。みなさんが「ヒーローショー」と聞いて、思い浮かぶものは何でしょうか。パンチ、キック、ジャンプ、側転、時にはバク転などのアクロバットだと思います。そのためには、それなりの運動神経が求められてしまうのです。
またどんなに運動神経が良くても、戦っているように見せる技や剣の扱い方、エンディングダンスのある年であればダンスの練習もしなければいけません。もちろん、週末にショーのある週は、平日に集まってリハーサルもしなければいけません。つまり時間が必要になってきます。ここで、基本的に時間の無い大学生や社会人は、強制的に継続を断念することになるでしょう。
「ヒーローショー」のアルバイトは高校生から始めることができるので、高校を卒業し、「ヒーロー」で居続けるために「ニート」の道を選ぶ人も少なくないようです。高校を卒業後、「ヒーロー」そして「ニート」を何十年と続け、最終的には子供たちに夢と希望を与える立派な「ヒーロー」になることができます。もし、興味のある方は、ヒーローへの道を歩み始めることもいいと思います。

Leave a Reply