高卒でニートになってしまう理由とは

ニートとは、就職や学校に進学していない若者のことを言い、一般的には15~34歳くらいの人たちを対象としています。
昔と比べてその数は徐々に増えてきており、過去の就職難などの不景気も影響しているのでしょう。しかし、ニートになった理由はそれだけではなく、進学のための受験に失敗した人や、そもそもやりたいことが見つからないという人も少なくないと思います。
特に、高卒でニートになる人は意外と多いようで、高校で斡旋してもらった就職先が長く続かないということもあるようです。そうなってしまえば、次の就職先を探していけばいいのですが、やる気が出なかったり、少しの間休みたいという気持ちからニートに陥ってしまうということもよく見られます。いったんこうなってしまえば、通勤や通学をしないので、家から出る機会がほとんどなくなってしまいます。それが長く続けば、家にいることが当たり前となり引きこもりにもなってしまうので、将来のことを考えると良い状態ではないと思います。
どの世代にも共通することですが、多少でも社会とのつながりを持つことが生活のメリハリを豊かにし、精神面でも余裕を持って行動することができます。今すぐ就職できない状態であっても、なるべく外に出る機会を作り、人とのコミュニケーションを育んでいくことが必要です。今はそういった人たちを対象に、各自治体などで支援プログラムが行われているので、それを利用していくことで社会復帰への第1歩となっているようです。また、正社員で就職するのが難しいのであれば、まずは短期のアルバイトから始めるというのも社会勉強になり、自分自身に大きな自信をつけていくことにもなるでしょう。

Leave a Reply